• 相談したい
  • 参加したい
  • 学びたい
  • 知りたい

第3次地域福祉活動計画

郡山市社会福祉協議会では、『第2次地域福祉活動計画』の6カ年の計画期間が終了となることから、地域における住民主体の福祉活動を積極的に支援するとともに、行政、関係機関・団体と地域住民とが協働した地域福祉活動のより一層の推進と充実を図るため、平成24年度に策定委員会を設置し『第3次地域福祉活動計画』の策定に取り組みました。
『第3次地域福祉活動計画』は、郡山市が策定した『第2期郡山市地域福祉計画』と連携をし、市民一人ひとりの「思いやり」の気持ちと、日頃から住民同士が「支え合う」つながりの調和を図りながら、誰もが安心した生活を送ることができ、東日本大震災から立ち上がる活力にあふれる地域社会の実現をめざしたものです。 基本理念を「思いやりと支え合いのハーモニー 安心と活力のあるまち こおりやま」として、基本理念の実現のため、地域福祉活動の推進を図っていきます。
計画は、平成25年度から平成29年度までの5か年計画です。

第3次地域福祉活動計画

PDFファイル 第3次地域福祉活動計画(PDFファイル)

第4次地域福祉活動計画

平成30年度からの地域福祉活動計画の策定にあたり、策定委員25名により、昨年10月から5回にわたり協議を重ね、『第4次地域福祉活動計画』がまとまりました。
昨日3月5日、策定委員会の星光一郎委員長、熊田伸子副委員長から郡山市社会福祉協議会太田健三会長へ答申されました。 今後、この活動計画を基に、住民自身が地域のさまざまな課題を「我が事」と捉え、人と人、人と資源が世代や文化を超えて「丸ごと」つながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく「地域共生社会」の実現を目指し、地域福祉の推進をして参ります。
※『第4次地域福祉活動計画』につきましては、製本ができ次第、HP上に掲示いたします。