• 相談したい
  • 参加したい
  • 学びたい
  • 知りたい

小地域ネットワーク

小地域ネットワーク活動とは?

小地域ネットワーク図

小地域ネットワーク活動とは、地区社協・支部社協を中心に、地域で支援を必要とする人に対し、見守り体制を強化するため、民生委員・児童委員や関係機関と連携協力し、向こう三軒両隣の相互扶助の精神をもって実践する福祉活動です。

小地域ネットワーク活動の機能は?

1:ニーズ発見システム

あらかじめ見守りが必要な人を選定し、その人を中心に近隣でチームをつくり、常日頃から見守りを行い、生活や健康上の変化や気づいたことがあれば、関係機関に連絡を行うなど、ニーズの早期発見に努めます。

2:小地域たすけあいシステム

あらかじめ援助が必要な人を選定し、チームをつくった上で、友愛訪問やゴミ出しなどの日常的で簡単なサービス・援助、さらには、緊急時の対応を行います。

小地域ネットワーク活動の対象は?

自立度が低いひとり暮らし高齢者、障害者、高齢者夫婦世帯、要介護高齢者のいる世帯、幼い子どものいるひとり親世帯など。

小地域ネットワーク活動の効果は?

  1. 地域で孤立しがちな人が、協力員に精神的な支えになってもらうことができます。
  2. 支援を必要とする人に、生活支援などが提供されることにより、その人の在宅生活が継続可能となります。
  3. 介護保険制度あるいは障害者自立支援法に基づくサービスの対象とならない人の支えとなることができます。
  4. 支援を必要とする人が危険な状態に陥らないよう防止することができます。

当ページの事業について詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。 [ お問い合わせ先 » ]