世代間交流

世代間交流とは?

世代間交流とは、少子高齢化、核家族化が進み家庭内で高齢者と子どもが関わる機会が減少する中、地域において世代を超えたつながりや相互理解を深めることを目的とした活動です。高齢者が子どもに昔遊びを教えたり、子どもが高齢者に合唱や劇を披露したりして、世代を超えて交流を深めます。

世代間交流の効能・意義

(1)高齢者と子どもの関係構築の場となる

 日頃、関わりの薄い同じ地域の高齢者と子どもが交流することにより、地域の中で気軽にあいさつする関係になれる等、世代間の人間関係構築の場となります。

(2)子どもは様々な知識や経験が得られる

 高齢者との触れ合いにより、子どもは親からは得られない様々な知識や経験を得ることができます。

活動内容

季節の行事、劇、手作り玩具の作成、レクリエーション、地域の文化や歴史の伝承、昔遊び、スポーツなどを通じて世代間の交流(触れ合い)を図ります。

社会福祉協議会は、
みなさまの生活が向上
するよう
笑顔になれる
支援・活動を
しております。

PR

広告募集中!

広告募集中!

広告募集中!

広告募集中!

広告募集中!

上部へスクロール