ボランティアを依頼したい

活動を依頼するにあたって

なぜボランティアを依頼する必要があるのか考え、受け入れ方針や目的を明確にしておきましょう。

  1. どのようなボランティアが必要か、家族・スタッフ内で事前打ち合わせを行いましょう。
  2. 必ず連絡が取れる連絡先を伝えましょう。
  3. ボランティアが活動を行うにあたり、かかる費用については、相談のうえ可能な範囲で考慮しましょう。
  4. 事前に当日の流れや内容の最終確認を行いましょう。
    また、ボランティア活動者への声掛けなど必要と思われる配慮を忘れずに、今後の活動継続につながるように良い関係を築きましょう。
  5. 施設などで長期間、継続して行うボランティアを募集するときには活動者が安心して活動できるように、受入れ側でも受入れの工夫や約束事の取り決めを検討してみましょう。

ボランティアをお願いするときの注意点

「タダ(無料)でやってくれるんでしょ?」

ボランティアとタダ働きは別です。
いくらボランティアは『無償』だとしても、移動費等”見えないお金”が発生すること、ボランティアさんの意志で活動の範囲を決められることを理解し、依頼してください。

「 あと、ついでにこれも…」

「ついでに」あれもこれもと追加するのはルール違反です。
依頼者からの「ボランティアなのに…」
「少しくらいいいじゃない」という言葉や気持ちは
ボランティアの活動意欲を削ぐ要因になります。

「 ボランティアさんにお任せ…」

出かけてくるからお願いね…は出来ません。

・個人宅でのボランティア活動は必ず依頼人の立ち合いが必要です。
・施設、病院などにおいては、内容によりボランティアさんにできないことがあります。
 お願いしたいことがボランティア活動にあたるか確認しましょう。

個人でボランティアをお願いしたい
イベント・施設・病院などでボランティアを募集したい
レクリエーションボランティアを依頼したい

個人でボランティアをお願いしたい

依頼の方法・手順について

まずはボランティアセンターへTELにてご相談ください。
お話を伺い、登録者の中からボランティア活動が可能な方をお探しします。

※早めにご相談ください。紹介までに日数を必要とします。
※ボランティアを調整・紹介できないこともあります。あらかじめご了解ください。

イベントなどでボランティアを募集したい
病院・施設などでボランティアを募集したい

依頼の方法・手順について

ボランティアを募集したい場合は、「ボランティア募集シート」に依頼内容等をご記入いただき、FAXで送信または直接ボランティアセンターまでお越しください。

※早めにご相談ください。紹介までに日数を必要とします。
※ボランティアを調整・紹介できないこともあります。あらかじめご了解ください。

レクリエーションボランティアを依頼したい

レクリエーションボランティアとは、特技や芸能を披露して活動するボランティアのことです。

はじめに

1つのボランティアに複数の施設・団体から依頼が重なる場合もあります。
希望する内容が必ず調整できるとは限りません。
希望種目・日時は決定事項でない限り第3希望までお選びください。

レクリエーションボランティアの依頼は2か月前までにお願いいたします。

調整後は、必ずボランティアの方と打ち合わせなどしていただき当日に備えてください。

レクリエーションボランティアの調整の流れ

社会福祉協議会は、
みなさまの生活が向上
するよう
笑顔になれる
支援・活動を
しております。

PR

広告募集中!

広告募集中!

広告募集中!

広告募集中!

広告募集中!

上部へスクロール