協議体(生活支援コーディネーター)

生活支援体制整備事業とは

これから本格化する高齢社会では一人暮らし高齢者や高齢者のみの世帯が増えていくと予想されます。そのような状況の中、生活支援が必要な高齢者等が地域で安心して暮らし続けることが出来るよう地域全体で高齢者の生活を支える体制づくりを生活支援体制整備事業といいます。

誰もがこの生活支援体制整備事業を進めていくために地域の様々な方が集まり話し合う場として「協議体」と、地域づくりのお手伝いを一緒になって行っていく「生活支援コーディネーター」が登場しました。

※郡山市は郡山市社会福祉協議会に生活支援体制整備事業を委託し、連携しながら取り組んでいます。

協議体の活動について

郡山市では市全域を範囲とした協議体が1つ、さらに細かい範囲として郡山市社会福祉協議会の38箇所ある地区・支部社会福祉協議会をエリアの範囲とした協議体の設置を進めています。

桃見台地区での開催の様子
湖南地区での開催の様子

協議体では自分たちのまちをどういう住みやすい地域にしたいかを大きなテーマ

として、地域での困り事や、地域情報を共有しながら、新しい助け合いの仕組み作りや今ある大切な活動の継続等、地域住民の方をはじめ、福祉施設や企業等様々な方ができる活動を持ち寄り話合いを行う地域づくりの土台の場になります。

協議体ではどんなことを話し合うの?(例)

協議体では地域毎に話し合われる内容が変わることが大きな特色になります。
例としては以下のような事が話し合う内容例になります。

地域で何が今後必要になるのか、何を解決しなければいけないのかは多くの方の考え方を持ち寄ることで浮き彫りになってきます。皆さんが安心して暮らすことができる地域をつくっていくために生活支援コーディネーターも協力致します。(どなたでも参加でき、意見を持ちよれるのも強みです。)

協議体の設置手順に関して

協議体の設置までにはこの活動に対する地域の方からご理解を頂く事が大切であり、皆さんと歩幅を合わせて進めて行くための設置までの5段階のステップを皆様に説明します。

生活支援コーディネーターについて

高齢者の日常生活に必要な支援と、地域の中で在宅生活をつづけるための生活支援・介護予防サービスとを結びつけたり、必要なサービスをつくるために必要な地域資源を発掘したりする役割を担うのが、生活支援コーディネーターです。現在は13名の生活支援コーディネーターが地域に分かれ活動を行っています。このコーディネーターの主な役割は、次のものになります。

  1. 高齢者の方が地域で暮らすうえで、どんな困り事があるのかを調査
  2. 地域で取り組んでいる介護予防活動や、支え合い活動の状況など地域資源の調査
  3. 地域住民の支え合い活動の推進、立ち上げの支援
  4. 行政や各種団体との情報共有、サービス提供に関する連携などのネットワークの構築

これら以外でも地域づくりに関わる相談やアドバイス をします。

生活支援コーディネーター活動記録について

生活支援コーディネーターは地域の様々な事業に参加させてもらい、地域の素敵なお宝を見つけ、皆様にお伝えしていきますので是非ご覧ください!

【R3.8.4 郡山地区社会福祉協議会橘支部の友愛訪問に参加してきました!】

みなさんこんにちは!生活支援コーディネーターの藤田です。今回は、郡山地区社会福祉協議会橘支部の友愛訪問に参加してきました。橘支部福祉委員さんの協力のもと、75歳以上の1人暮らしと高齢者世帯216人のお宅を1件ずつ回り、連日続いている猛暑のため熱中症予防の呼びかけや最近の様子など伺いながら安否確認をおこないました。35度という気温の中、終始笑顔を絶やさず活動している福祉委員の方々の笑顔が地域の高齢者の心の支えになっていると感じました。

※橘支部さんでは、事前の検温・手指消毒・マスクを着用し安全にお届けできる様に配慮されています。

熱いなか、活動していただきありがとうございます!

【R3.8.2 桑野支部子育てサロンに参加しました!】

こんにちは!生活支援コーディネーターの橋本です。今回、桑野支部の子育てサロンに参加しました。桑野保育所の先生を講師に招き、8組の親子が参加し、楽しく交流をしました。ペープサート、手遊び、ふれあい遊び、工作、体操、エプロンシアターの内容で楽しい時間を過ごしました。

みんなで楽しく
工作しました!

【R3.7.31 薫地区第2層協議体が設置となりました。】

薫地区担当の生活支援コーディネーター芳賀です。R2年2月に行われた協議体に関する説明会を最後に、新型コロナウイルス感染拡大の為自粛となっておりましたが、この度、薫地区第2層協議体(話し合いの場)をR3.7.31(土)にスタートすることになりました。薫地区で活動されている各種団体の垣根を越えて、地域のみなさんや事業所さんと共に、情報共有しながら連携していきたいと思います!!※新型コロナウイルスの感染予防対策をした上で話し合いの場を開催しております。

今後も話し合いを
続けていきます!

【R3.7.31 三穂田地区第二層協議体 塩ノ原区で住民支え合いマップを作成しました!】

こんにちは!生活支援コーディネーターの宮川です。三穂田地区 塩ノ原区のマップ作成が行われました。塩ノ原区長の大橋氏を中心に、参加者10名のみなさんにお集まりいただきました。マップ作成では、参加者のみなさんで情報を共有し合い、マップに見える形で自分の住んでいる地域について再度把握することができました。

また、「コロナ禍だからこそできることをまずはやってみる!」ということで始まったマップ作成は、地域のみなさんのおかげで三穂田町全地区(12地区)完成することができました。災害時の安否確認や地域での見守り等に活用していただき、今後、協議体活動の中で話し合いを進め、より良い地域づくりに活かしていければと思います。マップ作成に参加してくださった皆様、お疲れ様でした!

ご協力ありがとうございました!

【R3.7.30 菜根地区第1回第2層協議体が開催されました。】

こんにちは。生活支援コーディネーターの藤田です。菜根地域の各種団体の方が集まり情報共有をいたしました。地域の中での課題も色々な角度から見え、それぞれの目線で感じたことや考えている事を共有することできました。地域の横のつながりを強化する必要性を改めて確認し合うことができました。今後も、支え合い助け合いの関係性を深めていきたいと思います。

様々な地域の情報を挙げていただきました!

【R3.7.29 郡山地区社会福祉協議会芳賀支部の配食サービスに参加してきました!】

みなさんこんにちは!生活支援コーディネーターの佐藤です。今回は、郡山地区社会福祉協議会芳賀支部の福祉委員の方と一緒に高齢者のお宅へお弁当の配食を行いました。お弁当と一緒に届けられた、福祉委員の方からの体調を気遣うお手紙と声掛けに、とても喜ばれていました。今回同行させていただいた訪問先の方からは、「いろいろ気にかけてくれていて、電話に気づかなくて出れないと様子を見に来てくれる。困ったときに相談することができる○○さんがいるから安心して生活できている。」という声が聞かれ、福祉委員さんとの間に信頼関係が結ばれているのだと感じることができました。※芳賀支部さんでは、事前の検温・手指の消毒・マスクを着用し、安全にお届けできるように配慮されています。

日頃からのつながりが
うかがえました。

【R3.7.28 ほっとあたみで「たすけあい活動」助っ人隊養成講座を開催しました!】

こんにちは!生活支援コーディネーターの宇佐見です。今回11名の方が養成講座を受講され、8名の方に助っ人隊として登録していただきました。受講者からは地域で既に活躍しているからこその貴重なご意見やご質問をたくさん出していただきました。皆さまの『助っ人隊』としての今後の活躍を期待しております♪

受講いただき
ありがとうございます!

【R3.7.17 郡山地区社会福祉協議会南支部の子育てサロンに参加しました!】

こんにちは!生活支援コーディネーターの小松です。南支部の子育てサロンでは、新型コロナウイルス感染症への対応として、参加する親子を5組までの予約制で開催しています。今回は3組の親子が参加し、広い和室でのびのびと楽しく遊びました。暑い日だったので、クーラーで室内を冷やしながら換気をして過ごしていたので、炎天下で公園などで遊ばせるのが難しい季節に、子育てサロンは助かる!と改めて感じました。最後に、「またみんなで遊びたい?」と聞くとみんな元気に「は~い!」とお返事をしてくれていて、福祉委員の皆さんもほっこり温かい気持ちになったのではないでしょうか。

みんなで楽しく遊びました!

【R3.7.15 芳賀地区各種団体連絡協議会の定例会が開催されました!】

みなさんこんにちは!生活支援コーディネーターの佐藤です。7月15日に芳賀地区各種団体連絡会の定例会が開かれ、水門町町内会の水害時の危機管理体制についての取り組み事例が発表されました。芳賀地区各種団体連絡協議会では、地域をより良くしていくために各種団体が連携を強化し情報を共有することを目的とした、参加団体の活動や取り組み事例についての情報共有が行われています。今回は、過去の水害や大震災を経験したことを教訓に、災害に対する町内会独自の避難ルールや危機管理体制を設定した町内会の取り組み事例が発表され、皆さん熱心に聞き入っていました。梅雨が明けるまでは雨量の多い日が続くと思いますので、皆さん日頃の備えと早めの避難を心がけましょう!!

事例発表の他に各町会の
活動状況も報告されました!

【R3.7.14(水)郡山地区社会福祉協議会名倉支部の配食サービスに参加しました】

こんにちは!!生活支援コーディネーターの芳賀です。気温が高くなり夏本番がやってきました。くれぐれも熱中症にはお気をつけください。本日は名倉支部の福祉委員さんによる、75歳以上の高齢者を対象とした配食サービスが行われました。元気にお弁当を取りに来てくださる方とは楽しくお話しできるのですが、コロナ禍ということもあり「なかなか会えない方は心配だね」といきいきサロン希望者の見守りマップを作成することになりました。コロナ禍で離れていても名倉地区の心はひとつでした🖤

お元気そうで何よりです♪

【R3.7.13(火) 名倉支部子育てサロン】

こんにちは!生活支援コーディネーターの芳賀です。今日は、名倉支部の子育てサロンに参加してきました。参加者同士の間隔を開けるなど感染予防に配慮しながら福祉委員さんのピアノに合わせて、「グーチョキパー」や「とんとんひげじいさん」の手遊びをしながら歌ました。新型コロナウイルスの影響でお茶会はできませんでしたが、その代わりに、おやつのプレゼントがありました!!みんなの笑顔が絶えない子育てサロンでした。みんな、また10月に会おうね~♪

みんなでワイワイ
楽しい時間でした!

                                                                ※随時更新・削除を行います。

                                                                                                                                        

協議体や生活支援コーディネーターに関する
よくある質問について

協議体活動や生活支援コーディネーターに関する質問やご意見などございましたら郡山市社会福祉協議会まで是非問い合わせください。

社会福祉協議会は、
みなさまの生活が向上
するよう
笑顔になれる
支援・活動を
しております。

PR

広告募集中!

広告募集中!

上部へスクロール