協議体(生活支援コーディネーター)

生活支援体制整備事業とは

これから本格化する高齢社会では一人暮らし高齢者や高齢者のみの世帯が増えていくと予想されます。そのような状況の中、生活支援が必要な高齢者等が地域で安心して暮らし続けることが出来るよう地域全体で高齢者の生活を支える体制づくりを生活支援体制整備事業といいます。

誰もがこの生活支援体制整備事業を進めていくために地域の様々な方が集まり話し合う場として「協議体」と、地域づくりのお手伝いを一緒になって行っていく「生活支援コーディネーター」が登場しました。

※郡山市は郡山市社会福祉協議会に生活支援体制整備事業を委託し、連携しながら取り組んでいます。

協議体の活動について

郡山市では市全域を範囲とした協議体が1つ、さらに細かい範囲として郡山市社会福祉協議会の38箇所ある地区・支部社会福祉協議会をエリアの範囲とした協議体の設置を進めています。

桃見台地区での開催の様子
湖南地区での開催の様子

協議体では自分たちのまちをどういう住みやすい地域にしたいかを大きなテーマ

として、地域での困り事や、地域情報を共有しながら、新しい助け合いの仕組み作りや今ある大切な活動の継続等、地域住民の方をはじめ、福祉施設や企業等様々な方ができる活動を持ち寄り話合いを行う地域づくりの土台の場になります。

協議体ではどんなことを話し合うの?(例)

協議体では地域毎に話し合われる内容が変わることが大きな特色になります。
例としては以下のような事が話し合う内容例になります。

地域で何が今後必要になるのか、何を解決しなければいけないのかは多くの方の考え方を持ち寄ることで浮き彫りになってきます。皆さんが安心して暮らすことができる地域をつくっていくために生活支援コーディネーターも協力致します。(どなたでも参加でき、意見を持ちよれるのも強みです。)

協議体の設置手順に関して

協議体の設置までにはこの活動に対する地域の方からご理解を頂く事が大切であり、皆さんと歩幅を合わせて進めて行くための設置までの5段階のステップを皆様に説明します。

生活支援コーディネーターについて

高齢者の日常生活に必要な支援と、地域の中で在宅生活をつづけるための生活支援・介護予防サービスとを結びつけたり、必要なサービスをつくるために必要な地域資源を発掘したりする役割を担うのが、生活支援コーディネーターです。現在は13名の生活支援コーディネーターが地域に分かれ活動を行っています。このコーディネーターの主な役割は、次のものになります。

  1. 高齢者の方が地域で暮らすうえで、どんな困り事があるのかを調査
  2. 地域で取り組んでいる介護予防活動や、支え合い活動の状況など地域資源の調査
  3. 地域住民の支え合い活動の推進、立ち上げの支援
  4. 行政や各種団体との情報共有、サービス提供に関する連携などのネットワークの構築

これら以外でも地域づくりに関わる相談やアドバイス をします。

生活支援コーディネーター活動記録について

生活支援コーディネーターは地域の様々な事業に参加させてもらい、地域の素敵なお宝を見つけ、皆様にお伝えしていきますので是非ご覧ください!

【R3.6.15 中田地区社会福祉協議会の配食サービスに参加しました!】

こんにちは!生活支援コーディネーターの佐藤です。今回は、中田地区社協による高齢者への配食サービスに参加しました。夏の訪れを感じさせる暑さの中、熱中症への注意を促して一人ひとりのお宅を回りました。福祉委員の方の優しい声掛けと気持ちのこもったお弁当に、皆さんとても喜ばれていました。

暑いから体調に
気を付けてくださいね!

【R3.6.15 西田地区社会福祉協議会配食サービスに参加しました!】

生活支援コーディネーターの小松です。今回は、西田地区社会福祉協議会の皆さんが実施している配食サービスにお邪魔しました。新型コロナウイルス感染症の感染予防をしっかりと行い、地域の高齢者の方へ、愛情たっぷりのお弁当を朝早くから準備をして、お昼の時間に合わせてお届けしました。お弁当を受け取った皆さんからは、「いつもありがとう」という言葉をいただき、地域の絆が深まる活動だと改めて感じました。※西田地区社会福祉協議会では、事前の検温・手指の消毒・マスクを着用し、安全にお届けできるように配慮しています。

愛情たっぷりのお弁当を
お届けしました!

【R3.6.14 小原田地区協議体が開催されました!】

こんにちは!生活支援コーディネーターの佐藤です。小原田地区協議体が設置されてから初めての開催となりました。今回は、新型コロナウイルスの感染対策を行いながら、協議体の振り返りと協議体の理解をさらに深めるための個人ワークを行いました。当日は協議体の愛称についてのアンケートも行い、たくさんのご意見をいただきました。今後はご回答いただいたアンケート結果をもとに小原田地区協議体の愛称を決めていく予定です!

今後も小原田の地域についての話し合いや活動を進めていきます!

【R3.6.13 三穂田地区第二層協議体 川田区で住民支え合いマップを作成しました!】

生活支援コーディネーターの宮川です。令和3年6月13日、三穂田地区 川田区のマップ作成が行われました。川田区長の佐藤氏を中心に、参加者15名のみなさんにお集まりいただきました。川田区は大きく分けて5つ地域があるため、お住いの地域毎にグループに分かれて作成し、安否確認や日頃の見守り、そして災害発生時にも活用できるマップが完成しました!積極的に参加していただき、年齢問わず地域のつながりの広さを感じることができました。

地域の情報が詰まったマップが完成しました!

【R3.5.27 郡山地区社会福祉協議会芳賀支部の配食サービスに参加しました!】

こんにちは!生活支援コーディネーターの小松です。今回は、郡山地区社会福祉協議会芳賀支部の福祉委員の方と一緒に高齢者の方のお宅へ安否確認を兼ねてお弁当の配食を行いました。天気はあいにくの雨でしたが、福祉委員の方の笑顔とあたたかい気持ちのこもったお弁当に、とても喜ばれていました。※芳賀支部さんでは、事前の検温・手指の消毒・マスクを着用し、安全にお届けできるように配慮されています。

笑顔とお弁当をお届けしました!

【R3.5.18 西田地区社会福祉協議会の友愛訪問に参加しました!】

こんにちは!生活支援コーディネーターの小松です。今回は、西田地区社会福祉協議会部会員の皆様と一緒に高齢者のお宅へ友愛訪問を行いました。今回の見舞い品であるトイレットペーパー等の紙類は生活には欠かせないものですが、自分で買いに行くとかさばる荷物になるので、高齢者の方は皆さんとても喜ばれていました。

顔を合わせるとやっぱり笑顔になります!

                                                                ※随時更新・削除を行います。

                                                                                                                                        

協議体や生活支援コーディネーターに関する
よくある質問について

協議体活動や生活支援コーディネーターに関する質問やご意見などございましたら郡山市社会福祉協議会まで是非問い合わせください。

社会福祉協議会は、
みなさまの生活が向上
するよう
笑顔になれる
支援・活動を
しております。

PR

広告募集中!

広告募集中!

広告募集中!

広告募集中!

上部へスクロール